簡単に野菜不足を解消!「青汁」が人気な理由は!?

今、日本は健康ブームと言っていいほど健康に関するジャンルが盛り上がっており、それに伴い注目されているのが「青汁」です。

1日1杯、飲むだけで誰でも手軽に不足している野菜の栄養を摂れる事から「青汁」ブームが始まり、テレビや雑誌、通販サイト、カタログ販売などで青汁を見ない日はなくなりました。

今では色々な会社から色々な種類の青汁が販売され「こんな青汁あった!?」というほど、沢山の青汁で溢れかえっています。

しかし皆さんも次のような「コト」思い当たりませんか!?

結局どれを選べば良いのか分からない!
どの青汁も良いことばっかり言っている!
お手頃な価格の青汁はないのかな?
この青汁ってどんな栄養素があるの?

このような口コミや意見がたくさん聞こえてくるようになりました。

確かに青汁に対しての知識や選び方のポイントなどが分からない方にとっては悩みの種ですよね。

毎日摂りたい青汁なのでなるべく迷わずにスパッと決めたいものです。

青汁に関しての疑問や悩みを分かりやすく解説します!さらに、人気の青汁を厳選して、本音で良いと思ったことも悪いと思ったこともすべて隠さずに徹底レビューしています!

直ぐに「人気のある青汁をチェックしたい!!」という方は、

を参考にしてください!
*青汁人気ランキングまでスクロールします

青汁を選ぶ時に押さえておきたい4つのポイント!!

「青汁をどう選べば良いのかわからない!!」
「どの青汁が良いの!?」

青汁を選ぼうと思っている時に悩んでいる皆さんの声が今にも聞こえてきそうです。

でも、青汁の選び方は実際に難しい事ではありません。

それは、4つのポイントをしっかりと押さえておけば、間違いのない自分に合った青汁を選ぶ事ができるからです。

~青汁選びのポイント4選~

  1. 自分の口に合った飲みやすさやおいしさか?
  2. 毎日飲んでも負担ではない価格かどうか?
  3. 青汁に使用されている原材料や成分は?
  4. 青汁の安全性は?原材料の安全性や添加物・保存料の有無は?

それでは、4つのポイントをおさえ、当サイトの青汁人気ランキングを見てみましょう!

★★青汁総合人気ランキング★★

毎日欠かさず飲むなら、おいしくて健康や美容に効果的な青汁が良いですよね。

もちろん、価格も安く抑えたい!と言う、欲張りで健康熱心なあなたにピッタリのおすすめ青汁を紹介致します。このランキングは、今人気がありおすすめの青汁がすぐにわかります。

もちろん、なぜ人気なのかなぜおすすめなのかポイントと解説を交えて紹介致します♪

1位 極の青汁(サントリー)

価格 1杯あたり約120円
主な原材料 大麦若葉末、フラクトオリゴ糖、明日葉末、抹茶、煎茶
内容量 30包入り(約10日~1ヵ月分)
ポイント1
まるで抹茶♪煎茶と抹茶を配合した美味しい青汁!
ポイント2
フラクトオリゴ糖を配合し、毎朝のスッキリをサポート!
ポイント3
「ケルセチンプラス」で野菜の力をしっかり実感!

累計本数2億杯(※)を突破したサントリーの実力派青汁

極の青汁」は超大手飲料メーカであるサントリーが通信販売限定で販売している青汁です。

とても栄養価が高くクセが少ない大麦若葉に加え、煎茶と抹茶を配合しています。宇治の煎茶と愛知県産の抹茶を配合しているため、青汁なのに抹茶のような飲みやすさからリピーターも多い人気の青汁です。

原材料には国産の大麦若葉明日葉だけを使用しています。更に、独自の研究で野菜本来の力を引き出す「ケルセチンプラス」を配合し、吸収率が高まり、他の青汁よりも野菜の力を実感出来ます。

青汁を飲んだ事が無い人や飲んだ事はあるけど苦手という人にも「極の青汁」はおすすめです。

※2004年5月~2016年12月。サントリーウエルネスの青汁商品累計。1杯に1包使用。


2位 ふるさと青汁(マイケア)

価格 1杯あたり約86円
主な原材料 明日葉、大麦若葉、桑の葉
内容量 30包入り(1ヶ月分)+14包プレゼント
ポイント1
1日1杯で明日葉のデトックス成分により溜まった老廃物もスッキリ解消!
ポイント2
明日葉、大麦若葉、桑の葉をブレンドしスッキリした味わい!
ポイント3
ビタミンやミネラルを豊富に含んだ明日葉配合の青汁!

栄養価の高い緑黄色野菜をふんだんに使用!明日葉青汁の代表!!

マイケアの「ふるさと青汁」に使用されている主原料の明日葉は緑黄色野菜の中では非常に栄養価が高く、ビタミンやミネラルなど栄養が20種類にも及び、1杯で摂る事が出来ます。

明日葉の「葉・茎・根」の全てを丸ごと使用し、その明日葉に含まれている特有成分の「カルコン」は血糖値の減少や肥満の抑制に効果がある事が認められている栄養成分で、デトックス効果アンチエイジング効果を期待出来ます。

無添加無農薬で、生産地までも表記されていて安全性も抜群です!

飲みにくさや苦みなどはほとんど感じず、抹茶風味で口当たりが良く飲みやすいのが特徴です。

「ふるさと青汁」は、野菜不足で悩んでいる人や野菜は苦手であまり食べないという人にもおすすめです。

今ならWeb申込限定で「2週間分のお試しサンプル」と「全額返金保証」が付いてきます。


3位 ステラの贅沢青汁(ステラ漢方)

価格 1回あたり約30円(1日3粒)
主な原材料 クロレラ、ケール、長命草
内容量 1袋90粒入り(10日間~1ヶ月分)

ポイント1
初回980円!2回目以降もずっと40%OFFで購入可能♪
ポイント2
ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養も補える粒タイプの青汁!
ポイント3
厳選された3種類の国産素材を1粒にギュッと濃縮!

厳選した素材だけを使用した本格青汁!粒を飲むだけ!

ステラの贅沢青汁」は選び抜かれた3種類の原料だけで作ったこだわりの青汁です。使用している原料は「ケール・クロレラ・長命草」の3種類です。

ケールは野菜の王様と言われるほど栄養価に優れており、まるごと100%使われています。更に無農薬。また、クロレラには免疫力を高める効果や血圧・コレステロールを抑える効果があり、長命草は1株食べれば1日寿命が伸びると例えられていた程、生命力の強い素材です。

ステラの贅沢青汁はそれらをギュッと濃縮して作っている、完全無添加な粒タイプの青汁です。妊婦さんやお子さんにも問題なく飲ませてあげられます

今なら、定期便の初回が980円で購入可能です♪通常価格の約80%OFF!2回目以降は40%OFFなので継続する場合もお得です!

もちろん、送料や手数料は無料で、気に入らなければ、解約や休止することも可能です。


黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(コーワ)

価格 1本あたり約72円
主な原材料 黒糖、ココナッツの花蜜、クマイザサ粉末、寒天、抹茶
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

ポイント1
新感覚ジュレタイプ!抹茶と黒糖入りのデザート感覚でとっても美味しい!
ポイント2
美容効果の高いヒアルロン酸と食物繊維を配合!人気の青汁!
ポイント3
寒天や乳酸菌を配合し、ポッコリお腹をスッキリ!

新感覚ジュレタイプの青汁です!味良し、コスパ良し、美容効果良し!!

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」はキャベジンなどを販売している興和新薬が販売しています。

食物繊維の豊富なクマイザサ(なんと食物繊維はレタスの約60倍さつまいもの約29倍)や寒天、緑黄色野菜の明日葉やケールなど約40種類の植物を発酵させたエキスを配合しています。

さらに、女性に嬉しいヒアルロン酸まで配合された美容効果の高い青汁です。

味は抹茶の渋みと黒糖のやわらかな甘みが感じられ、美味しいです。ジュレタイプなことも◎♪


大麦若葉青汁 キトサン(大正製薬)

価格 1杯あたり約33円
主な原材料 大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶、キトサン(カニ由来)
内容量 30包入り(約1ヶ月分)

ポイント1
特定保健用食品の青汁!コレステロールが気になる方へ!
ポイント2
キトサン配合で、ダイエットにも効果的!?女性に人気!
ポイント3
1杯あたり約33円。1ヶ月分が今なら1000円で購入可能!?

製薬会社だからこそのおいしさと特定保健用食品の両立ができた青汁!

大正製薬が販売している「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」はコレステロール値や血圧が気になる方にもおすすめできる青汁です。高濃度のキトサンが配合されているのでコレステロール値の低下血圧の低下が見込める特定保健用食品の青汁なので安全性も保障されています!!

キトサンとは脂肪の吸収を抑える効果が期待できる成分で、ダイエットサポート商品にも多く使われている食物繊維です。そんなキトサンを380mgも配合しているので、油っこい食事やお肉を食べても安心できます♪

製薬会社が販売しているので、しっかりと健康面を考えながら開発されながらも、美味しさまで追求して作られた青汁です!

 

青汁が幅広い世代に人気の秘密とは

青汁とは、たっぷりの野菜を搾った飲み物ですよね。「青汁=健康に良い飲み物」という認知度は老若男女多くの人が知っている事実です。しかし、青汁独特のクセだったり、苦味や渋みがあったり、飲みにくく苦手だよっという人も多いのではないでしょうか?

今現在、販売されている青汁はなんと約100種類以上もあり、様々な種類の青汁が販売されています。当然、中には飲みにくくておいしくない青汁(ケール入り)もありますが、昔に比べると飲みやすく美味しい青汁(大麦若葉が主原料)も多くあり、今も販売されている種類は増えています。

今回は青汁を実際に買って試した私がタイプ別におすすめの青汁を紹介していきたいと思います♪

青汁初心者にもおすすめ!ランキングや口コミで人気の青汁は!?

これから人生で初めて青汁を飲む方や青汁が苦手だよという方におすすめの青汁は、サントリーから販売されている「極みの青汁」です。「極みの青汁」は宇治の煎茶愛知産の抹茶という2種類の茶葉を使用したお茶のような飲みやすさが特長の青汁です。

また、原料には熊本県阿蘇の広大な畑で育った国産大麦若葉や緑黄色野菜の中でも栄養価が高い明日葉を使用しています。

サントリーでは、原料にこだわっており大麦若葉と明日葉を育てている畑から他の青汁と違っています。

大麦若葉を育てている畑の土質は非常に柔らかく、足で踏めば沈み込むほどふかふかなのです。なぜなら、ふかふかの土壌で大麦若葉を育てる事で根がよく育ち、根張りも良くなり水分や肥料をとても吸収しやすい状態になるからです。水分や肥料をたくさん吸収した大麦若葉は丈夫になるだけではなく、栄養価も非常に高い状態に育ちます。

また、明日葉は屋久島という温暖な気候と雨量の多さが特徴的な所で栽培されたものだけを使用しています。屋久島と言えば世界自然遺産にも指定されている所なので有名ですが、屋久島で育った明日葉は一般の明日葉より大きく、ビタミンやミネラルが豊富です。

「極みの青汁」はコンビニやスーパー、薬局では販売しておらず、ネット通販限定で購入が可能です。

ランキングや口コミなどでとても人気となり、現在までに累計1億本を突破した「極みの青汁」は、当然、通販ランキングでは上位に入っている定番の青汁です。

野菜不足の解消に効果的!栄養価の高いおすすめ青汁

栄養価の高い青汁としてとても人気があるのはサントリーが販売している「極みの青汁」と大正製薬が販売している「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン」です。

大正製薬の「大麦若葉青汁キトサン」は大麦若葉が主原料ですが、更に抹茶キトサンが配合されています。

特徴としては、大正製薬の「大麦若葉青汁キトサン」はキトサンが1包に380㎎も配合されています。キトサンとはコレステロールを低下させる働きが認められている特定保健用食品です。キトサンはエビの殻やカニの甲羅が主成分であるキチンを加工し、作られた動物性の食物繊維です。

大正製薬が実験を行ったところ、「大麦若葉青汁キトサン」を飲んだグループと「大麦若葉青汁キトサン」を飲まないグループで悪玉コレステロール値を測ったところ、「大麦若葉青汁キトサン」を飲んだグループは悪玉コレステロールの値が4週間で減少したと発表しています。そのため、健康診断でコレステロール値が高くでてしまう方へとてもおすすめの青汁です。

また、大麦若葉は農薬不使用の有機で非常に栄養価の優れた植物を使用しています。大麦若葉にはビタミンB2や鉄分、葉酸などが豊富に含まれており、野菜から摂れる栄養をしっかり補う事ができます。

今人気がある青汁の傾向をみると、緑茶や抹茶を配合している青汁です。

緑茶や抹茶を配合している青汁はお茶のような飲み易さがあるだけでなく、栄養価の高さから野菜を苦手としている男性や女性でも飲みやすいと口コミで評判です。もちろん、緑茶や抹茶を配合する事で単に青汁を飲み易くしているだけではなく、様々な美容や健康サポートに優れた原料です。

緑茶や抹茶に含まれるカテキンの特徴は!?

今、人気のある青汁に配合されている事が多い緑茶や抹茶には、ポリフェノールの一種であるカテキンが多く含まれています。このカテキンは「タンニン」と呼ばれ、お茶の渋みの成分です。カテキンが含まれているお茶は特定保健用食品として販売されているものも多くあります。

日本の伝統として、お茶は飲む事だけにとどまらず、お茶の葉を利用した料理や食品保存にも利用されてきました。

青汁の中でもえがおが販売している「えがおの青汁満菜」や世田谷自然食品が販売している「乳酸菌が入った青汁」などは、抹茶や緑茶が配合されていてとても飲みやすい青汁です。中でも特におすすめしたい青汁は「えがおの青汁満菜」です。

緑茶と抹茶を配合していて、とても飲み易く、緑茶や抹茶は有機の原料だけを使っているので安全性にも優れています。
※妊娠中や授乳中、産後すぐの妊婦さんの飲用は試験を行っていないので、控えて下さい。

女性に人気があるフルーツ入りの青汁は?

緑茶や抹茶を配合している青汁以外にも、最近では新しいタイプの青汁も販売されています。

それは、フルーツ入りの青汁です。

バナナやオレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ等といった様々なフルーツエキスが配合されていて、とても飲み易くなっています。

メディアハーツが販売している「すっきりフルーツ青汁」やヤクルトが販売している「朝のフルーツ青汁」などは楽天市場やAmazonなどでも口コミや評判も良く、人気があります。

その中でも私がおすすめしたいフルーツエキスが配合している青汁は「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」です。

「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」の大きな特徴としては、コラーゲンプラセンタといった美容効果が実感できる栄養成分が含まれていることです。

コラーゲンは美肌効果や髪・爪の健康にも役に立つ成分です。プラセンタとは美容に関心の強い女性を中心にプラセンタが配合されているサプリやドリンクなどがとても人気ですね。

「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」にはメロンプラセンタが配合されています。メロンプラセンタはお肌を美しくする効果や美白効果が実感できると期待されています。

更に、「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」はフルーツエキスをたっぷり配合しているだけでなく、脂肪燃焼効果を高める酵素が121種類も入っているので自分の体形が気になっている女性にもピッタリです。

また、有胞子性乳酸菌(生きたまま腸まで届く乳酸菌)を配合しているので、腸内環境を整える効果があります。また、食物繊維も豊富なので便秘に悩む女性にもおすすめの青汁です。

普段の食生活だけで補う事ができない栄養は青汁で補おう!

青汁が美容や健康にいい飲み物である事は、多くの人が愛飲している事からも分かる事ですが、青汁だけ摂れば普段の食生活で不足している野菜を補う事が出来ると考えている人がいます。

あくまでも、青汁は野菜不足をサポートする為の飲み物であり、青汁だけ飲めば不足している野菜の栄養素を補えるという事にはなりません。

つまり、普段の食事で緑黄色野菜(明日葉・ほうれん草・ケール・ニラ・など)や淡色野菜(キャベツ・レタス・大根など)をしっかりと摂り、足りない栄養を青汁で上手に補うのをおすすめします。

日本人のほとんどは野菜不足!?

皆さんの中にも野菜不足を気にして、野菜不足解消のために野菜を意識して摂っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、日本人のほとんどは野菜不足であるという事実をあなたは知っていましたか?

厚生労働省が定めている成人一人当たりの野菜摂取目標量は350gですが、平成19年国民健康・栄養調査における野菜の世代別摂取量を見ると、20代で1日当たり248.5gの野菜を摂取していて、60代で334.1gです。因みに一番野菜を摂っている世代は60代です。20代では、約100gも少ないですよね。

そして、全世代の平均摂取量は290.1gなので、平均60gも不足しています。なので、今の日本人は若い世代だけではなく、全世代で野菜不足に陥っています。

とは言っても、野菜不足を実感していても調理する手間や費用、余った野菜の保存の問題などでなかなか350gもの野菜を毎日摂り続ける事は難しいですよね。

そんな調理する手間や費用、余った野菜の保存の問題と言うデメリットを解決してくれ、誰でも手軽に野菜不足を解消してくれる手助けをしてくれるのが「青汁」です。

青汁は水に混ぜるだけという、調理の手間がかからない忙しい方や面倒くさがりの方にもおすすめです。

また、青汁は長期保存もでき、更に価格もリーズナブルです。毎日1杯、多い時は2杯飲むだけで、誰でも手軽にバランスよく野菜から摂取できる栄養を補給する事が出来ます!

青汁のメリットは野菜不足の解消だけではない!?

青汁は野菜不足の解消をサポートする為の飲み物です。

皆さんも青汁を飲む目的は野菜不足だと実感しているからですよね。青汁は野菜不足の解消をサポートするのに効果的なのは間違いありません。

しかし、青汁のメリットは、それだけではありません!!!

青汁は食物繊維を多く含んでおり、毎日のすっきりをサポートし、ダイエットをしている時の栄養補給にもおすすめです!

さらに青汁に多く含まれているのは、SOD酵素と言う健康維持に役立つ成分です。もともと私たちの体内に存在している酵素なのですが、私たちが生きている内に作られる量が決まっているので、何らかの形でSOD酵素を取り入れる必要があると言われています。

野菜不足を解消する力強いサポート以外にも、美容面でのサポートや健康維持にも役立つ青汁は、今や老若男女の幅広い世代に飲まれている飲み物です!

食物繊維やSOD酵素以外にも栄養素をバランス良くたくさん含んでいるので、普段の日常の中での栄養補給をサポートしたい場合や、食が細くなってしまった高齢者の健康維持のサポートの場合などにもおすすめです!

普段から野菜不足を感じている方はもちろんですが、年齢や性別に関わらず、おすすめ出来る健康的な飲み物は青汁です!

青汁は苦くてまずいというのは昔の話!?

「青汁は健康にとっても良いけど、苦くてまずい!」と皆さん思っていませんか?

しかし、以前に比べると今の青汁はとても飲み易くなりました。では、なぜ以前は苦くてまずい青汁が多かったのでしょうか?

その答えは、使用されている主原料が大きく関係しています。

以前、青汁に使用されていた主原料のケールはとても苦く強烈なもので、それはバラエティ番組の罰ゲームでも使われるほどの苦さでした。

しかし、最近の青汁に使用されている主原料の多くは大麦若葉明日葉などといった苦みのない、飲みやすい青汁が主流となっています。

更に、色々な方にでも飲みやすいように、アロエやはちみつなどを含んだ青汁や、フルーツのエキスを配合した青汁も販売されています。

また、販売されている青汁の多くは粉末タイプなので様々な飲み物と割る事が出来るので、レシピのバリエーションは豊富で飽きる事はありません。

青汁に使用される原材料の特徴は?

大麦若葉の特徴は?

大麦若葉とは、大麦の若い葉の部分の事です。

SOD酵素やビタミンE、鉄分、亜鉛、食物繊維、葉酸を多く含んでいます

大麦若葉をもう少し詳しく説明すると大麦が稲穂をつける前の若い葉の事で優れた栄養があると注目され青汁の原材料とされています。

大麦若葉の特徴は、食物繊維の宝庫で健康維持の強い味方とされています。

ケールの特徴は?

ケールとは、キャベツの原種とされる植物でアブラナ科の野菜です。

ビタミンAやビタミンCといったビタミン類をはじめ、カリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラル分も豊富に含んでいます

ケールの特徴は、緑黄食野菜の王様と言われるほど高い栄養価がある事です。また、ケールは強い生命力を持ち、一年を通して栽培する事が出来ます。

明日葉の特徴は?

明日葉とはセリ科の植物で、成長力がとても高い植物で、葉を摘んでも、次の日には芽が出ると言われるほどす。

ビタミン類やカリウム、マンガン、銅やリンなどのミネラル分も多く含んでいます

明日葉の茎を切ると黄色い汁が出てきますが、この黄色の色素の事を「カルコン」と呼び、ポリフェノール成分です。しかし「カルコン」は様々な研究がされていますが、まだまだ研究途上であり、今後期待の成分です。

桑の葉の特徴は?

桑の葉とはクワ科の落葉樹で、食物繊維やカリウム、カルシウムなどのミネラルを多く含み、カロテンやフラボノイドなども含んでいます。

昔は桑の木を家々の近くに植え、生活の一部として身近に利用され、人々の健康維持に役立てられていました。

長命草の特徴は?

長命草とは沖縄などの温暖な地域の海岸沿いで育つ植物です。

ビタミン類やカロテン、ポリフェノールが多く含まれています

沖縄では昔から子供の健康祈願の為に神に捧げられていた栄養価が高い植物です。

料理では、細かく刻んで刺身のツマにしたり天ぷらや料理のアクセントとして取り入れられたりしています。

投稿日:2017年6月27日 更新日:

Copyright© 口コミが良いおすすめの青汁人気ランキング【徹底レビュー】 , 2019 All Rights Reserved.