青汁

サントリーの青汁ゴーヤを飲んでみた!口コミで人気の粒青汁の効果とは!?

投稿日:2017年7月7日 更新日:

サントリーといえば、おいしさと飲み易さで口コミが良く人気がある「極の青汁」という粉末タイプの青汁を販売していますが、「青汁ゴーヤ」という粒タイプの青汁も販売しています。

だいたい粒タイプの青汁は、噛んで食べると美味しくないのですが、青汁ゴーヤはとっても飲みやすく、抹茶が配合されているので美味しく食べられます!

さらに、青汁ゴーヤにはフラクトオリゴ糖も配合しており、腸内の善玉菌の栄養源で、健康維持をサポートしてくれます。

毎朝なかなかスッキリできなくて悩んでいたので、さっそく実際に注文してみました!

実際に私が飲み続けた青汁ゴーヤの口コミレビューを、良いと思ったことも悪いと思ったことも全て隠さずにご紹介しようと思います!

青汁ゴーヤを注文してみました♪

注文してから3日で「青汁ゴーヤ」が届きました。

箱から開けてみると、小さな袋の中にまとめて粒タイプの青汁が入っています。袋はプチプチにしっかりと包み込まれ、中身がつぶれる、かける等はしていませんでした!

また、袋はジップロック式なので保存にもよく、食べたい時にサクッと食べられます!鞄の中に入れても丈夫そうなので、持ち運びもしやすく、嬉しいポイントです!

青汁ゴーヤの飲みやすさとおいしさをチェック!!

青汁ゴーヤの袋を開けてまず驚いた事は、袋の中からほんのり抹茶の良い香りがする事です。

青汁ゴーヤには抹茶が入っているので、あの青汁らしい独特の嫌なニオイを感じさせません。

ただ、粒を取ろうとすると、袋の内側についている抹茶の粉末が指についてしまい、少しだけ残念です。

袋の中には、青汁ゴーヤの粒がたくさん入っています。1袋に150粒入っているだけあって、めちゃくちゃ多いです。

袋には「1日5~15粒程度を目安にお召し上がりください」と書かれていましたが、毎日15粒を飲み続けると、10日で青汁ゴーヤはなくなってしまうため、5粒ずつ毎日飲む事にしました!

健康食品は、普段の食事内容にしっかりと気をつけ、不足しがちな栄養素をサポートする役割として摂取します。

なので、青汁ゴーヤでサポートする習慣を長期的に続けた方が働きを実感しやすいので、毎日5粒ずつ飲む事を私はおすすめします。

青汁ゴーヤの粒サイズは!?

青汁ゴーヤは粒タイプの青汁としてはサイズも大きくなく、飲み込むのが苦手な人でも飲む事ができるのではないでしょうか。

実際に測ってみると、粒のサイズは、約7mm程です。鎮痛剤で有名なバファリン(8~9mm)と比べてみても、少し小さいくらいです。

私は摂取目安量()である5粒を一気に飲む事が出来ました!流石に15粒は多いので無理ですけど…w

1日5粒をしっかりと毎日継続し、1ヶ月間飲む事をおすすめします!

(※)青汁ゴーヤの1日の摂取目安量は5~15粒です。

青汁ゴーヤを実際に飲んでみました!

実際に青汁ゴーヤを飲んでみると、口に入れた瞬間に抹茶の風味がしたのと、粒のサイズ感が飲み込むにはちょうど良く、飲みやすかったです。

また、青汁ゴーヤは水で飲むだけでなく、粒を噛んで食べられます!

実際に噛んで食べてみても、青汁とは思えないほど抹茶風味で、抹茶きなこを食べているかのような味わいでとても美味しかったです。

ただ、ゴーヤが入っているので少しゴーヤの苦味を感じはしますが、決して嫌な苦味ではありません。

ラムネみたいに噛んで食べられるので、小さい子供から老人の方まで、お菓子を食べる感覚で食べられるのがいいですね!

因みにカロリーですが、5粒あたりたった4.15kcalしかありません!低カロリー!!

青汁ゴーヤのおいしさの秘密は!?

抹茶フラクトオリゴ糖を配合している事で、食べやすい味を実現しています。

大麦若葉とゴーヤを配合しているので、普通に考えれば「おいしい」と思う事はないでしょう。むしろ大麦若葉とゴーヤの2つの配合は、「おいしくない」と思う方が圧倒的な気もします。

しかし、本当に美味しい!

では、なぜ青汁ゴーヤがおいしいかというと、抹茶とフラクトオリゴ糖にその秘密はありました。

まずは、抹茶で上品な渋味をプラスし、フラクトオリゴ糖でほのかな甘味をプラスしています。

この2つを配合することによって、本来なら美味しくない青汁を美味しく飲め、更には食べられるほどの変化を与えています。

因みに、フラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養源の役割を果たしています。フラクトオリゴ糖を摂取する事で、腸内の善玉菌がイキイキと元気になります!

善玉菌が元気になると当然、腸内の活動も元気になるので、すっきりした毎日を過ごせるのです♪

青汁ゴーヤの成分は!?

青汁ゴーヤは、粒は小さいが栄養面はかなり高いと言えます!

青汁ゴーヤの主な原材料は大麦若葉とゴーヤです。

国産大麦若葉を使用!

大麦若葉とは別名「栄養の宝庫」と言われるほど、栄養価が高い野菜です。

最近ではケールに代わり青汁の主原料としてその栄養価の高さから広く使われるようになりました。

大麦若葉には、ビタミン類ミネラル類カルシウム食物繊維などがバランス良く豊富に含まれています。

この栄養素の中でも、特に豊富に含まれているのが食物繊維です。

他の野菜と比べても、食物繊維がたくさん入っています。

食物繊維は別名、「第六の栄養素」と呼ばれており、腸内の活動を元気にしてくれる成分です。

青汁ゴーヤでは大麦若葉を、まるごと粉末化し、配合しています。

丸ごと粉末化する事で、栄養を極力漏らさないようにしているのです。

沖縄県産ゴーヤを使用!

ゴーヤは、昔から沖縄ではスタミナ食材として親しまれてきました。最近では、沖縄に限らず日本何処でも食卓に並ぶ食材として広く親しまれていますよね。

ゴーヤには独特の苦味があるので、好き嫌いは分かれる所ですが、その栄養価は本物です。

ゴーヤの栄養価で特に有名なのは独特の苦味を生み出している「モモルデシン」です。

モモルデシンは胃腸の粘膜を守る働きがあるだけではなく、食欲を沸き立たせる働きもあります。

青汁ゴーヤでは、ゴーヤそのものだけでなく、ワタや種からもエキスを抽出しています。

大麦若葉と同じで、まるごとゴーヤのちからを実感できるのは嬉しいですよね。

青汁ゴーヤの危険性は!?

最近では、無添加や無農薬な食材を求めている方も増えてきましたよね。

当然、青汁も毎日飲むものなので、安全性について気になるところです。

青汁ゴーヤを販売しているサントリーは創業110年という超大手メーカーなので、安全性はバッチリです。

熊本県阿蘇などの無農薬で育てられた大麦若葉を使用

沖縄県産のゴーヤを使用

主原料の大麦若葉とゴーヤは国産のものを使用しています。国産と聞くだけで安心感も増しますよね。

また産地以外でも、サントリーは安全性へこだわっています。

GMP認証の国内工場で製造

残留農薬検査

放射性物質検査

安全性はばっちりだと思いませんか?

健康食品である青汁ゴーヤ
青汁ゴーヤは健康食品です。

そのため、副作用の可能性が出てくる医薬品成分は一切含まれていません。

1日の摂取目安量を守りさえすれば、副作用が出てくる恐れは限りなくゼロに近いのではないでしょうか。

*ウリ科の食品にアレルゲンのある方は注意が必要です。青汁ゴーヤの原料にはゴーヤを使用しています。ゴーヤはウリ科の一種なので、アレルギーがでないとは限りません。

心配な方は食べる前に、一度お医者さんに聞くことをおすすめ致します。

青汁ゴーヤを最安値で購入する方法!?

青汁ゴーヤには「定期お届けコース」と「1回のみお届け」があります。

定期お届けコース 1回のみお届け
価格(税抜) 1,440円 1,600円
割引額 10% OFF なし
1日5粒当たりの価格 約51円 約57円
送料 無料 350円

2つの購入方法を比較してみても一目瞭然ですが、「定期お届けコース」がお得に買えるのでおすすめです!

「定期お届けコース」は毎回10%OFFで購入できるだけでなく、実は「一時お休み制度」があり、お届け予定日の7日前までに連絡をすると、お休みできます

つまり、定期お届けコースなのに「継続縛りはなし」という事です!このように定期コースはサービスが充実しています。

自分に合わないと思えば、いつでも解約できます。

青汁ゴーヤがおすすめの人とは!?

忙しく、外食やコンビニ弁当が多い人

外出先でも手軽に青汁を補給したい人

面倒くさがりの人

安くお得な青汁が良い人

青汁ゴーヤの1番のポイントは「美味しく食べられる青汁」であるという事。

粒タイプの青汁は噛むと、美味しくないものばかりですが、サントリーの青汁ゴーヤでは、フラクトオリゴ糖と抹茶を配合することによって青臭さやゴーヤの苦味をなくし、美味しくて食べやすい青汁をつくっています。

忙しい時や外出先でも青汁ゴーヤならば気兼ねなく食べられるし、小腹がすいた時にはおやつ代わりにもなります。

抹茶風味のラムネ菓子のような感じなので、小さなお子さんでも美味しく食べられるので、一緒に食べて、お子さんの野菜不足解消にもおすすめです。

青汁ゴーヤがおすすめできない人とは

青汁ゴーヤをおすすめできない人は基本的にはいませんが、青汁ゴーヤの様な粒タイプの青汁が合わない方がいるのも事実だと思います。
それは、

粉末タイプの青汁でないと飲んでいると実感できない

青汁そのものをアレンジして使いたい

という人です。

一番の理由は、「粉末タイプの青汁でないと飲んでいると実感できない」ではないでしょうか。

もし粉末タイプでおいしい青汁を探しているようでしたら、サントリーが発売している「極の青汁」がおすすめです。

また最近では、青汁の粉末タイプを料理に混ぜて使うレシピも多く出てきているので、料理などに活用したいという人にもおすすめはできません。

青汁ゴーヤのまとめ

美味しく食べられる粒タイプの青汁があると知ったときは衝撃でした。

さすがサントリーというだけあって、本当に抹茶のお菓子のような味わいでおいしかったです。

粒タイプでいつでも手軽に摂取する事が可能

「食べられる青汁」というおやつ感覚でおいしく青汁が摂取する事が可能

大麦若葉とゴーヤの栄養素がふんだんにまるごと配合されている

原材料は国産のもので安全性はバッチリ

それにも関わらず、青汁ゴーヤの価格は通常購入でも1ヶ月分1,600円(税抜)です。

粒タイプの青汁をお探しの方は間違いなくおすすめできる商品です!

1位 青汁ゴーヤ(サントリー)

価格 1回あたり約53円(1日5粒)
主な原材料 大麦若葉末、ニガウリ、フラクトオリゴ糖 、抹茶
内容量 1袋150粒入り(約10日間~30日間分)

ポイント1
国産大麦若葉×沖縄で採れたゴーヤ×フラクトオリゴ糖を贅沢に使った青汁!
ポイント2
ラムネみたいなサイスのサプリメント!
ポイント3
抹茶を配合し、食べても美味しい!

新国産大麦若葉×沖縄で採れたゴーヤで栄養価が高くおいしい粒青汁!

サントリーが販売する「青汁ゴーヤ」は栄養満点で間でも美味しい粒青汁です。

ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富な、阿蘇市などで採れる国産大麦若葉を摘みたての新鮮な状態のまま配合しているのと、栄養価が高く疲労回復や肌荒れにも効果的な沖縄の健康食材であるゴーヤ(にがうり)をたっぷりと配合しています。

さらに、フラクトオリゴ糖というお腹の調子を整える成分までも配合した栄養価満点な粒青汁となっています。

味は、抹茶が配合されているので粒なのに噛んで食べてもとっても美味しい!

1か月わずか、約1,600円という安価なのと、送料も無料というのはとても嬉しいポイントです♪

-青汁

Copyright© 口コミが良いおすすめの青汁人気ランキング【徹底レビュー】 , 2019 All Rights Reserved.